モモスクールはコチラから
マンツーマン講座

リンク(新着のみ)

記事一覧

コメント一覧

トラックバック一覧

archives

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
◆1月15日東京都中央区でモモスクールセミナー開催!!◆

◆モモスクールはコチラから◆

◆モモスクールのマンツーマン講座◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【スポンサーサイト】

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2010.12.31 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    【キーワードツールの信頼度!!】

    0
      にほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ

      人気のドロップシッピングブログはコチラ!!

      【もしもドロップシッピングに無料登録】


      みなさん、こんばんは、もも太です!!


      みなさんは、どんなキーワードツールを使っていますか??

      Ferret+ですか??
      グーグルアドワーズのキーワードツールですか??
      それとも、ヤフーリスティング広告のキーワード候補ですか??

      もも太はキーワードマニアなので、
      キーワードを探すのが大好きです。

      妄想に妄想を重ねて、ビックリするようなキーワードを
      発見したときの快感はたまりません!!

      さて、たまたまFerret+のメルマガを読んでいたら、
      面白い記事を発見しましたので、
      下記に抜粋させていただきます。
      (ちょっと長いです。。。)


      ・・・以下、【Ferret Press】2010年03月11日号より抜粋・・・

       ───────────────────────────────────

       ■メインコンテンツ Ferretを活用したウェブマーケティング第4回

       ───────────────────────────────────

       

       前回の内容をご欄になっていない方は、こちらからご欄下さい

       Ferretを活用したウェブマーケティングアーカイブ

       http://school.ferret-plus.com/course/press/ferret-1/?fpm=20100311

       

       

       第4回は、前回ご説明しました「コンセプトフレームに合わせて具体的に落と

       し込む」の

       Q7で見つけた幾つかのキーワードの市場調査について

       考えて行きましょう。

       

       「見込み客が商品・サービスを探す際に使いそうなキーワード」として、

       思いつくまま書き出してみたキーワードが、

       実際世の中で、どの程度月間に検索されているかを調べてみます。

       

       

       ・時間をかけて検索ボリュームを調べる場合

       

       月間のキーワード検索ボリュームを調べるのに一番効果的なツールは、

       やはりキーワード連動型広告をサービスとして提供している、

       Yahooリスティング広告とグーグルアドワーズから求めるのがいいと思います。

       

       グーグルアドワーズ

       http://adwords.google.co.jp/

       

       Yahooリスティング広告

       http://listing.yahoo.co.jp/

       

       両方のリスティング広告サービスのユーザーIDをお持ちの方は、

       前回書き出してみた各キーワードの、

       競合する広告主数

       検索回数

       入札価格

       最大検索数

       を調べましょう。

       

       この調査のやり方については、メルマガ上で文字だけでご説明するよりも

       実際パソコンを使って調べてみた方がわかりやすいと思いますので、

       今後Ferretのセミナーとして企画していく予定です。

       

       

       ・2大リスティング広告サービスのユーザーIDをお持ちでない方、

        もしくは、

        調査時間を多く割けないので、簡単に検索ボリュームを調べたい方の場合

       

       FerretPLUSユーザーの大半の方が、既にご利用だと思いますが、

       FerretPLUSキーワード検索を使うと、指定したキーワードの検索ボリュームを

       調べることができます。

       キーワード広告の入札単価までは調べられませんが、キーワードのボリューム

       

       市場規模を知るという意味では、FerretPLUSのトレンドキーワード検索で十分

       調べられます。

       

       

       FerretPLUS トレンドキーワード検索

       http://ferret-plus.com/kwsearch

       

       ※FerretPLUSで検索したデータについて

       検索された検索結果は、弊社独自で収集したデータから

       統計処理を施して導き出された値です。

       Yahoo、Googleから直接データを取得しているものではありませんので、

       正確な値を調べたい場合は、グーグルアドワーズやYahooリスティングで

       調べることをお勧め致します。

       

       

       ・検索ボリュームについて

       選んだキーワードによって検索数が膨大なものもあったと思います。

       それはビックキーワードと呼ばれるもので、

       月間検索数が多い=大きなくくりの言葉

       すなわち、ライバルが多いキーワードということになります。

       

       あまりに検索数が多いキーワードの場合は、もっと絞り込んだキーワードにし

       てみて下さい

       例)結婚の式場を都内で探す場合

       × 結婚式場                                    17980回の月間検索数

       ○ 結婚式場 東京                           1100回の月間検索数

       

       この検索回数だけにこだわらず、キーワードを絞り込む作業についてどういう

       手順を

       踏んで行ったらいいかについては、以前「集客アップの秘訣」でご紹介した記

       事に

       書いていますのでご覧下さい。

       http://school.ferret-plus.com/course/press/accessup/post-165.html?fpm=

       20100311

       

       次回の配信は、318日を予定しております。

       

       

       

       ●今回ご紹介したツール

       ・グーグルアドワーズ

       http://adwords.google.co.jp/

       googleの検索結果連動広告サービスです

       

       Yahooリスティング広告

       http://listing.yahoo.co.jp/

       Yahooの検索結果連動広告サービスです。

       

       FerretPLUS トレンドキーワード検索

       http://ferret-plus.com/kwsearch

        ホームページへの集客を行う上で想定するキーワードと

        関連するキーワードの検索ボリュームを調査できる

        競合の多い直接的なキーワード以外に、同義語、関連語についても

        検索結果に表示されるので、間接的なキーワードを探すときに役立ちます

       

        自社のビジネスに関係するキーワードで検索を行うと、

        関連して検索されるキーワードと一緒に、月間検索回数が表示されますので、

        この数値から自社の持つ商品・サービスのネット上のニーズ

        (どのくらい売れる可能性があるのか?)を知ることができます

        ネット上のニーズを調べることができる

       

      ・・・以上、【Ferret Press】2010年03月11日号より抜粋・・・

      特に注意していただきたいのは、太文字部分の、

      ※FerretPLUSで検索したデータについて
      検索された検索結果は、
      弊社独自で収集したデータから
      統計処理を施して導き出された値です。
      Yahoo、Googleから直接データを取得しているものではありませんので、
      正確な値を調べたい場合は、グーグルアドワーズやYahooリスティングで
      調べることをお勧め致します。

      なんです。

      つい先日のもしチャレ知恵袋の質問にも、
      もしも大学副学長の佐藤さんのお力をお借りして
      回答をさせていただいたのですが、
      Ferret+は何らかの方法で検索数の一部を入手し、
      独自の係数をかけて数字化しているみたいなんです!!

      実際にキーワードを探す際には、
      ある程度の検索数のボリュームが分かれば良いので、
      これでも十分なのですが、
      やっぱりグーグルやヤフーが提供している情報の方が
      信頼度が高いようですね。

      みなさんも、ドロップシッピング仲間とお話しするときに、
      小ネタにでもしてみてくださいね!!

      【お知らせ】
      近いうちに名古屋でキーワードをメインにした
      ドロップシッピングの定期勉強会を開催します。

      このブログでも、随時お知らせしますので、
      たま〜にチェックしてやってくださいね。。。




      もも太のtwitterはココ!!

      もしもドロップシッピングを始めようか悩んでいるあなた!!

      何でもお気軽に相談してくださいね!!

      一緒にガンバリましょう。

      もしもドロップシッピングに無料登録してみる


      もしもドロップシッピング

      【スポンサーサイト】

      0
        • 2010.12.31 Friday
        • -
        • 23:54
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        借金